撮影当日の準備

服装

ヘアセットとメイクアップが終了してからドレスに着替えます。当日はセットした髪を崩さず簡単に着替えが出来るよう、カーディガンなど前開きの服で待機をお願い致します。
補正下着を着ける方は、前もって着けていてもいいですし、苦しいようでしたらドレスを着る直前に着けても構いません。
下はドレスに隠れて見えませんが、着用されたい方はストッキングや防寒の為のタイツなど予め履いてお待ちください。

 

メイク

基本的にベースメイク(化粧下地、ファンデーション)はアレルギーなどによるトラブルを防ぐために、お客様が普段お使いになっているものをご用意ください。
当日はお客様が下地まで完了させてお待ちください。
それと!当日お化粧のノリをよくするためにお顔の保湿をしっかりしましょう。忘れがちなリップも就寝前にたっぷりクリームを塗り、当日はプルプルの唇で撮影に挑みましょう。

 

前日に髪を洗い、スタイリング剤やべたつきを落としておいてください。当日は髪が乾燥した状態で待機をお願い致します。

ちなみに、ヨーロッパのほとんどのホテルにはリンスは置いておらず、ホテルによってはシャンプーやボディソープもないことがあります。日本からお気に入りのものをご持参いただくか、時間に余裕があれば現地のドラッグストア( dm、Rossmann)などで購入されてもいいですね。

ドイツ語
シャンプー:Shampoo リンス:Spülung ボディソープ:Duschgel